スポンサーリンク

実務未経験Webデザイナーが転職エージェントに登録した結果

実務未経験の就活
この記事は約5分で読めます。

実務未経験での就職活動って不安ですよね。
第二新卒でなければ、転職活動は「即戦力」が求められるといいます。

就職活動において、「転職エージェント」に登録を検討されるのではないでしょうか。

20代男子の筆者の経験をもとに書いていきます。

筆者
筆者

実務未経験で、Webデザイナーを目指したい!
実務未経験で、Web業界に就職できるのか?
そういった方向けに書いています。

就職や転職をお考えの方は、ミイダスというアプリで自分の就職活動における市場価値を無料で診断できて便利です。
簡単登録で、あなたの年収査定ができます。

自分はどういった点で求められているのかが知れて、就職活動の自己分析に役立ちます。
※転職エージェント利用の場合は、ベンチマークとして活用もできます。
スポンサーリンク

前提条件

・前職は、Web業界やEC業界でない(業界未経験)
・職種未経験
・正社員志望
・志望職種は、WebデザイナーとWebマーケターとWebディレクター

人生で初めての転職エージェント登録

本格的転職活動を始めるのは今回が初めてで、転職エージェントへの登録も初になります。
期待に胸をふくらませて登録しました。

条件は「仕事内容重視」

・職種は「webデザイナー」
・正社員か契約社員

しかし、登録時に「非常に難しい」と言われました。

宣言通り、最初は求人を紹介してくれましたが、次第に紹介件数が減っていきフェードアウトしていきました。

実務未経験Webデザイナーの正社員就職難易度は高い?
この記事をご覧になっている方は、Webデザイナーを目指して転職活動中ではないでしょうか? 筆者の経験をもとに、実務未経験Webデザイナーの正社員入社の難易度について記事を書きます。 筆者 筆者自身も実務未経験でWebデザイナーを目指して転職活動をやっていました。 就職や転職をお考えの方は、というアプリで自分の就職活動における市場価値を無料で診断できて...

結論、転職エージェントは使わなくてよいです。

双方疲弊します。ミスマッチが多いです。
そして誰も得しません。

転職エージェントの目的を知る

転職エージェントは求職者が企業に入社したら、企業から報酬をもらいます。
わざわざ報酬を支払ってまで、転職エージェントを使って採用するということは、「求める人物像」があります。
求人を見ていてよく記載されているのが、「〇〇の実務経験〇年以上」「〇〇の経験がある方歓迎」といった形が多く、即戦力かつ経験者を求めています。

転職エージェントは企業から報酬をもらえるため、求職者に無料でサービスを提供しています。
そのため、求職者に能力の見込みが無ければ、サービスを提供する理由がなく、win-winの関係が発生しません。

転職エージェントによりますが、「実務未経験」ということでサービス提供をお断りする場合もあります。

エージェントを利用したいならば求職者も対価を支払う必要があるでしょう。

スクール等がやっている「転職保証」「転職サポート」については、双方に利があります。

・エージェントの場合、企業と求職者双方から報酬をもらえる
・求職者の場合、お金を払ってエージェントサービスを利用する

求職者にとってのエージェント利用

「企業を紹介してもらえる」というメリットを考えると思います。
しかし、「実務未経験歓迎」という求人は、ほぼありません。コロナ禍でそれがさらに顕著になりました。

その他にも、「転職の相談」「応募書類の添削」等のサービスがあります。
これらは利用させたいただくのはアリでしょう。

転職エージェントからの応募は不利になる

「仮に選考を通過しても、エージェント経由の求職者と自己応募の求職者で、能力が同じ場合はどちらを採用しますか?」

これは実際にエージェントさんから言われた言葉です。

「人事も採用の予算があってその枠で活動してるから、可能な限りコストを抑えられるほうを採用する。どうしても欲しい人材でないとエージェントさん経由では採用しない。〇〇万円の予算で3人採用予定を、エージェントさん経由の採用で2人しか採用できなかったら目標達成できないし」

これは実際の人事の方に聞いた意見です。

ただ企業にとっても事情はあります。

「応募者が殺到するから、エージェントさん経由に窓口を絞って厳選した応募者から採用する」
「うちの会社は採用担当みたいなポジションがなく、採用活動をしていないから代行してもらう」

実務未経験者の戦略はこれだ

実務未経験Webデザイナーは自己応募をおすすめします。

実務未経験のWeb業界就職活動はハード!?体験者が語る活動記録。
実務未経験での就職活動って不安ですよね。 第二新卒でなければ、転職活動は「即戦力」が求められるといいます。 20代男子の筆者の経験をもとに書いていきます。 筆者 実務未経験で、Webデザイナーを目指したい! 実務未経験で、Web業界に就職できるのか? そういった方向けに書いています。 就職や転職をお考えの方は、というアプリで自分の就職活動に...

転職エージェントは実務経験を積んで、自分に市場価値ができた段階で利用し、ステップアップを望むのが好ましいと思います。
求職者にとって、転職エージェントは「自分の市場価値を担保に転職活動を代行してもらう」というものですから。

さいごに

いかがだったでしょうか?

就職活動は、自身の学んだWebデザインやマーケティングの知識を大いに活用できます。

実務未経験での正社員就職は難しいです。
しかし、就職活動のやり方を変えれば、チャンスはいくらでもあります。

筆者は、職業訓練校卒で、「職業訓練校体験記」を書いています。
全くの未経験より基礎知識を無料で学習しておくほうが難易度も変わります。

職業訓練校ってどんなところなんだろうと思っている方、ぜひご一読ください!

職業訓練校体験記(Monthly版)のスタートはこちら

職業訓練校を無事1カ月乗り切ったので、その感想と成長まとめ
通学までの経緯 筆者は、コロナウイルスによる緊急事態宣言発令時より転職活動を開始。 その2か月後に退職し、無職となる。 ハローワークに、WEB系に関する仕事をしたいので、職業訓練に通いたいと相談。 倍率5倍の選考を合格し、職業訓練校に通学している。 筆者 職業訓練校ってどんな環境なんだろう? 職業訓練校でどんな勉強をしているんだろう? そういった方向けに書い...

職業訓練校体験記(Weekly版)はこちら

職業訓練校体験記(WEBデザイナーコース) 1週目
通学までの経緯 筆者は、コロナウイルスによる緊急事態宣言発令時より無謀にも転職活動を開始。 選考状況の連絡すらなく、転職活動は沈黙。 転職活動開始の2か月後に退職し、無職となる。 事前に、「WEB系に関する仕事をしたいので、職業訓練に通いたい」とハローワークに相談していた。 コロナウイルスによる影響で倍率過多の選考を合格し、職業訓練校に通学。 ※ハローワークに行くと、「あの倍率が高い訓...
“就職”だけがすべてでないと思います。
下記で自分のライフスタイルに合わせた仕事が無料登録で探せます!

Webデザインを学びたい初心者向けの情報が満載!!

・職業訓練校に興味をもっている
・Webデザインの勉強方法に悩んでいる
・スクールに通うべきか独学か悩んでいる

そういった方向けに、学習ロードマップと実名公開での職業訓練校レビューおよび後悔しない職業訓練校生活のノウハウを書いています。

スポンサーリンク
ブログの応援よろしくお願いいたします!!
ブログ運営者 兼 筆者
ふらんぶ@パラレルワーカー

More

本業は「サービスデザイナー」で、副業は「Webデザイナー」として、パラレルキャリアを実践し、自分の生き方を追求中

職業訓練校卒(Webデザイン) ▶東証プライム上場のWeb系IT企業勤務▶私生活に影響の出ないスモール副業活動

本ブログは、未経験でのWeb系職種志望者に向けて、勉強方法(おもに職業訓練校)や就職に役立つ情報を自分の体験談をふまえてわかりやすく発信
最近は、副業の幅を広げるためにWebデザインとWebマーケティングの勉強を継続しており、その学習記録をメインに執筆中

「居そうで居ないWeb系職業訓練校の身近な先輩サポーター」として、職業訓練校(Webデザイン)での体験や実務未経験でのWeb系企業への就職の実績をもとに、Web系職種志望者向けのサービスを提供
有料記事公開中

Follow Me
スポンサーリンク
Follow Me
スポンサーリンク


Dayantler

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました