スポンサーリンク

歴史からフリーランスの生き方について学ぶ。楠木正成公はフリーランス?

副業・在宅ワーク
この記事は約6分で読めます。

みなさま、今現在「フリーランス」という生き方にあこがれていませんか?
「自分で生計を立て、自由に生きていく」という気持ちが、コロナ禍で強まったのではないでしょうか?

本記事では、日本史の観点で、過去のフリーランスがどう生きてきたのか調べてみました。

スポンサーリンク

導入

さて、今の日本の働き方に入る前に、過去の働き方を見てみましょう。

時は遡り、1980年代~1990年代あたりです。
その頃の社会人は一体どんな想いで仕事をしていたのか。

・モーレツ社員
・企業戦士

仕事は「打ち込む」ものという認識をしていました。

その観点から類似するのは「鎌倉時代」です。

鎌倉時代の御家人も主君のために日々武芸に励んでいました。

・いざ鎌倉

と、危機に瀕してはすぐに鎌倉(会社)に駆けつけるほどでした。

封建制度の崩壊

バブル経済が終わり、「失われた20年」とよばれる経済停滞期を迎えると、人々の働き方はシフトします。

「生活のため」という意見が大多数を占めます。

経済の成長が止まり、努力しても報われない・収入も増えない状況が続きます

この会社でずっと働くのか?いや、転職してもっといい給料で働きたい。

こういうニーズから転職市場が拡大していきました。

鎌倉時代の終焉も、似たような形です。

「元寇」という国難が去り、功を立てた御家人に対して報酬が満足に払われなかったためです。
御家人の中には、家財を投げ売って武器にして戦った者もおり、努力が報われませんでした。

こういった不満から立ち上がった武士たちによって鎌倉幕府は滅びます。

新しい働き方の兆し

2010年に入り、働き方は変化を重ねていきました。
そこで増えてきたのが副業です。
「自分のスキルを使い、空いた時間に収入を得て、生活の足しにする」といったニーズから市場が拡大していきました。

未経験からWebデザインで稼ぐ方法とコツをしっかり解説
2020年、コロナ禍で在宅ワークが増え、それに伴い副業をする方も増えてきました。 そのなかでも、「WEBデザイナー」の仕事はプログラミングよりも比較的とっかかりやすく、未経験からでもある程度勉強すればスキルを身につけることができると収入を得ることができます。 この記事では、未経験からWEBデザインの仕事で稼ぐ方法とコツをご紹介します。 筆者 副業やフリーラン...

鎌倉時代の終了後、室町(南北朝)時代に入ります。

鎌倉時代の頃から農家では、「二毛作」がおこなわれていました。
これは「副業」に該当します。
この「二毛作」は、作物の栽培であるため、収穫物は食料としてニーズがあります。
天候や飢饉等で相場が大きく変動していきました。
高度経済成長期の海外輸入による価格安定が発生するまでは、好調だったとのことです。

さて、現代人は「副業」という「二毛作」を実施し始めましたが、早急に価格競争に巻き込まれます。
ニーズが常にあるものとはいえず、相場が決まっているものなので、仕事を得るために「安さ」を売る戦術に走ります。

結果、消耗されている方は多いのではないでしょうか。

『ポートフォリオワーカー』の台頭は必然。単スキルでは消耗するだけです。
みなさま、「スラッシュワーカー」「ポートフォリオワーカー」という言葉はご存じですか? 例えば、こんな感じです。 筆者 ふらんぶです!フリーでデザイナーとして働いています。 Webデザイナー / Webマーケター / 写真家 / 料理人 / テレアポバイト 名前のとおり、SNSでよく見かける肩書きです。 「/」を用いているから、「スラッシュワーカー...

既存支配への対抗勢力「悪党」

「悪党」というと、悪い組織と思われるかもしれません。
しかし意味は異なります。

中世に既存支配体系へ対抗した者・階層を指す。この場合の「悪」とは、「命令・規則に従わないもの」に対する価値評価を指す。

出典『Wikipedia』

代表とされる人物は下記です。

楠木正成
赤松則村
伊勢義盛

中世においての社会は、主君から領地をもらい、その領地経営をしつつ働き、功によって領地が増えていくという仕組みです。
つまり、領地が増える=収入です。
収入の基盤を主君(会社)、領地(給料)に置いていました。

しかし悪党と呼ばれた方々は異なります。

手工業や芸能などの商業で収入を得ていました。
そのため、その時代のセオリーだった収入の基盤ではない者たちだったのです。

ちなみに、南北朝時代において、悪党は南朝側を応援していました。

なぜ南朝側なのかは、大きく本題から逸れるので割愛します。興味があったら調べてみてください!

そして、彼らが時代を変えていきます。

生産力が増し、社会構造が変わる

前述のとおり、二毛作の普及で生産性が上がり、悪党と呼ばれた方々も力をつけてきます。

これが社会構造を大きく変え、「族縁社会」が、「地縁社会」に変化します。

現代に置き換えれば、「会社での上下関係社会」が「自分のビジネス関係社会」に変化したというわけです。

縦のつながりではなく、横のつながりが重視されていきました。

つまり、悪党(現代でいう、フリーランス)が営業活動で自分の社会を形成していっているという世情と似ています。

得意や強みで副収入!!スキルクラウド
 

その後どうなるのか

悪党は、旧勢力に反抗的な地域組織という意味も含んでいます。
悪党は勢力を増していくと、その地域で、「国人」となります。

現代の場合、「Web制作会社」を設立だったり、「フリーランス連合」を組むだったりに該当します。


 
そこでまた力をつけると、最終的には守護大名に成長します。

その守護大名は国人を味方につけ、勢力(売上)を伸ばします。

さいごに

やや筆者の超訳も入っていますが、現代に類似している点も多いのではないでしょうか。

ただ、歴史と現代で違うのはスピード感です。

「楽市楽座」という規制緩和も、「クラウドソーシング」というサービスが該当します。


 
歴史の流れは似ていますが、その時代の改革というのは現代では既に実施されているように思われます。。。

働き方を見直す今だから、過去に学ぶのもよいのではないでしょうか。

お気軽にご相談ください!!
ココナラでWeb系職業訓練校生向けのサービス出品中
・職業訓練校ってどんなところ?就職できるの?
・未経験からWeb系職種に就けるの?

そういった不安や悩みありませんか?

実際に職業訓練校(Webデザイン)に通学し、就職できた体験をもとに様々なノウハウやコツをお教えできます! 今もWeb系IT企業に勤務し、副業でもWebデザインをやっているのでお力になれると思います!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログの応援よろしくお願いいたします!!
ブログ運営者 兼 筆者
ふらんぶ@ブログの中の人

More

パラレルキャリアで"ひとりプチ事業"の活動を通し自分の生き方を追求中の人です。

時間や場所に縛られない働き方を求める未経験でのWeb系職種志望者に向けて、勉強方法(おもに職業訓練校)や就職に役立つ情報を自分の体験談をふまえてわかりやすく発信しています。

最近は、WebデザインとWebマーケティングの勉強をしており、ブログで学習記録を書いています。

Follow Me
スポンサーリンク
Follow Me
スポンサーリンク


Dayantler

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました