スポンサーリンク

Webデザイン学習者におすすめのネットショップ開設サービス3選

学習の備忘録
この記事は約6分で読めます。

Webデザインの学習の一環で、ネットショップを自分で開設することもおすすめです。

ネットショップを実際に運営してみることで、下記を実践できます。
・Webデザイン(バナー制作、LP制作)
・Webマーケティング
・SNS運用
・SEO対策

学んだことを自分で試せることは就職でも活かせます

BASE、STORES、カラーミーショップの紹介になります。

スポンサーリンク

BASE

人気芸能人起用のCMで人気のBASEですが、ネットショップ開設実績3年連続No.1とのことです。
※マクロミル調べ(2020年2月)

3つの項目を埋めるだけで開設ができます。
・メールアドレス
・パスワード
・ショップURL

ネットショップ運営に欠かせない機能が無料で提供されています
そして全て無料で追加料金は発生しません。
アクセス解析が無料で使えるのはメリットが大きいです。

BASEでは独自ドメインを無料で使用することができます。(取得費は別途必要)
独自ドメインを使用できないサービスもあるので貴重です。

集客面も期待でき、600万人が利用するショッピングアプリ「BASE」で、開設当初から人目に触れます。

売るものがなくても、「pixivFACTORY」や「monomy」を活用して、誰でも簡単に商品を作ることができます。

STORES

誰でも簡単にネットショップを作成できるサービスで毎月10,000店舗がオープンしているとのことです。

ネットショップ運営に欠かせない機能が無料で提供されております。
フリープランと有料プランがあり、有料プランだと使える機能が増えます。

簡単にブログなどに購入ボタンがつけられる機能もあり、拡張性があります。

手数料が安く、有料プランの手数料は業界最低水準です。

専門的な知識は不要で、豊富なテンプレートをカスタムできます。
ただし、HTMLの編集はできません。

まとめ売り機能はBASEには無いので、アパレル系ショップにはおすすめのサービスです。

カラーミーショップ

初期費用・月額費用無料の「フリープラン」が追加され、初心者も参入しやすくなりました。
ビジネスの成長に合わせてプランを変えられることがメリットです。
プランを変えることで手数料がどんどん安くなります

結局おすすめは?

BASEです。アクセス解析機能が無料に使えて、運営に必要な機能がたくさんあるからです。
ただ、元々大きなネットショップに成長させたい・本業にしたいという計画があるならば、STORESやカラーミーショップをおすすめします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました